東京で進む太陽光発電の導入

東京都内では、新築やリフォーム時に太陽光発電システムを導入する家庭が増えています。
東日本大震災による原子力発電所の稼働停止に伴う電力不足に対応するために自発的な発電方法である太陽光発電に注目が集まっています。
太陽光発電は、太陽光発電モジュールに太陽光をあてて発電する方法で、地球温暖化の防止に役立ちます。
そこで、国や自治体では、家庭用の太陽光発電システムの普及に努めています。
通常、太陽光発電システムを設置するには、多額の費用がかかることから、その費用負担を軽減して多くの人がシステムを設置できるように補助金制度を設けているところもあります。
東京都においても、都民による家庭用太陽光発電システムの設置に対して補助金制度を設けているほか、都内の自治体でも独自の補助金制度を設けており、東京都内では、補助金制度を利用して太陽光発電を導入する家庭が以前よりも急速に増えてきています。
太陽光発電は、環境に優しいだけでなく停電時にためていた電力を利用できるなど、防災機能も有することから、東京都内においてさらなる普及が見込まれています。