太陽光発電で失敗しないために

太陽光発電の導入を検討している人は失敗例や導入を断念した事例について研究しておくことが大切です。
まず太陽光発電にしたときのメリットを考えて、次になぜそのメリットを生かせないのか考えます。
太陽光発電にするメリットと言えば、補助金が出る。
電気を自分の家で使うので電気の消費量が太陽光発電より下回っていたら電気代がかからない。
余った電気は一定の値段で電力会社が買い取ってくれる。
だからローンを組んで導入してもローンの支払い分は電力会社からもらえるお金で相殺できるなどが挙げられます。
それではなぜメリットを生かせないのか考えてみます。
補助金は地球温暖化対策のためで市が出してくれています。
枠が決まっていて定員もあります。
誰でももらえるわけではありません。
当てにしていた補助金の申請に漏れる。
営業マンが大丈夫ですよと言っていたのが大丈夫でなかったということです。
次に思ったより発電量が出ないこともあります。
家が北向きで日が当たらない。
自然相手なので日照時間が短かった。
長雨の年があったなどです。
こうなれば電気を売るほど発電できなかったということも想定に入れないといけません。
さらに家はオール電化にしないとメリットを享受できないってこともあります。
やっぱり火を使いたいと思ってガスを残したら、ガスの基本料金は払わないといけない。
さらにオール電化対応でIH対応に鍋などを買い替えないといけない。
これは出費です。
電力会社が電気を買い取ってくれるのもいつまで続くかどうか、政府が原子力発電所を順次再開して安価な電力が供給できるようになったら電力会社は買い取りを打ち切るかもしれません。
また、心配なのはメンテナンスです。
工事をしてくれた業者には倒産リスクがあります。
長い間使う物なので瑕疵が出たときに責任をとる業者がいなくなること。
部品の生産が中止になって修理が必要になったときに部品がないということもあります。
このようなリスクを考えると太陽光発電に失敗することもありうるわけなので注意しないといけません。